TEL:03-6380-1533

ご来店予約

スタイリスト森岡弘
×
酒井亮一(Blubello代表) トークセッション Vol.1

Blubelloはテーラリングに加え、コーディネートにおいても力を注いでいます。そこで、スタイリストでありファッションディレクターとしても活躍する森岡弘さんをお招きし、スタイリング美学について教えていただきました。第一弾となる今回のトークテーマは「ドレススタイルの色の組み合わせ」。

ネイビーが似合わない男性なんていない。
男にとってマスターする色であり、
制覇する色だと思います。

酒井(以下:酒):私たちBlubelloはブルー系素材のみを扱う「色」に重きを置いたオーダーサロンです。森岡さんはスタイリングをする上で色の組み合わせについてどのように考えていらっしゃいますか?

森岡(以下:森):色はすごく重要な要素ですね。色とサイズ感、この2つは僕の中で非常に重要なカギを握っています。特に色使いはセンスが表れるんですよね。どんな色を合わせれば正解かというよりも、ハーモニーですから。極端かもしれませんが、スーツ・シャツ・ネクタイの3つの組み合わせだけでも、人となりは相当見えてきますよ。

酒:こちらにダークネイビーのスーツに白シャツ、赤系のネクタイを組み合わせたスタイリングをご用意しました。単にネイビーとはいえ、こういう濃紺もあれば淡い紺、青にかかったネイビーなど様々なトーンがあります。

森:そうですね。スタイリングで言えば、ここで使用している赤系のネクタイに関しても、真っ赤なものからパープルまで幅広く存在します。僕がこの3色の組み合わせで選ぶなら、ネクタイ はボルドーをおすすめしていますね。真っ赤よりは落ち着きがあって、実は色合わせもしやすい。

森岡氏とBlubello酒井森岡氏とBlubello酒井

ネイビーはグレーに勝る使い勝手、
ネイビーをワードローブの主軸に。

酒:3色となると苦手な色味も出てくるかと思いますが、何か色合わせのコツがあれば教えていただけますか?

森:たまに「自分にはこの色似合わない」と決め付けてしまう人がいますよね。しかしそれは、服を楽しいと思えなくさせると思うんです。僕は楽しいと思って毎日服を着たい。だから似合わない色なんてないと考えていますよ。だって全身真っ赤を着るわけじゃないんだからね。
そもそもスーツは誰のものでもあって、みんなに似合うアイテムなんですよ。これは間違いなく誰にでも当てはまることです。なので似合う範囲なんだから苦手意識を持つ必要はないと思います。2色限定と言われると相性の悪い色同士があるかもしれない。だけど、1色増えるだけでそれが緩和されるケースはずいぶんありますよ。

酒:色の組み合わせはとても奥が深いですね。

森:よく僕は「何が似合いますか?」って聞かれるんです。本当に多いパターンで「これ、どうですか?」って返すと「いや、これいつもの僕とはちょっと違うんですよ」って言うんですね。でも、僕に話をするってことは変わりたいんでしょって(笑)。それで、いつもの装いから変わったとしてもそれは予定調和の中での変化でしかないから「もっと新しい門を叩きましょう!」っていうことを話すと、最初はちょっと着心地が悪いなぁとか言ってて…。しかし、ある時、僕以外のよく会う誰かにその服装褒められると突然変わるんですよ。あれ?この服、アリなのかなって突然思うみたいなんです。だから可能性はもっとあるのに、自分で選択肢を狭めてしまい難しく考える男の人ってあまりにも多いんですよね。勇気を持ってどんどん着た方が良いと思いますし、もっと色々なテイストを試して欲しい。しかもネイビーでしょ?ネイビースーツであれば、特に何にでも合うんです。

酒:はい、私も同じようにネイビーは誰にでも似合い、合わせる色も選ばない万能色だと思います。

森:そうですね。先ほども言いましたけど、男性でスーツが似合わないという人はいません。特にネイビースーツは誰にでも必ず似合います。ただそれはグレーも然りですが、どちらかと言えばネイビーの方が使い勝手が良いし、使いやすいはず。だからネイビーをワードローブの軸にすることは何ひとつ悪いことはないですね。

ネイビーファブリックを見定める森岡氏ネイビーファブリックを見定める森岡氏

組み合わせの選択肢は無限大。
ネイビーに間違いはない。

酒:森岡さん自身が、色使いで意識していることはありますか?

森:僕の場合、基本的には人におすすめする立場でもあるので、意識せずフラットに考えています。ただ最近はグレーのジャケットを着ることが多いかな。いま僕だったらネイビーはちょっと艶やかに、色っぽく着るのが楽しいですね。ネイビーはどこか知的で、王道的な色じゃないですか。あえて逆に着たい。

酒:ネイビースーツは定番、スタンダードとよく言われる色味ですね。

森:「たかがネイビーと思うかもしれないけど、されどネイビーだよ」とよく言っています。使い方によっては、ネイビーほどおいしい色はないと思ってますから。なので、最初にお店のコンセプトを聞いた時、面白い所だなって思いましたよ。色だけ見るとつまらなく感じるかもしれないけど、着ていると全然つまらなくないんですよね。そこに柄、素材感が入るとなれば、コーディネートの選択肢は無限にありますよね。奥深さがあって僕は常に、世の中が思っている以上に良い色だと思っています。今日の酒井さんは、ブルーに近いネイビーですね。

酒:はい、今日は明るめのネイビースーツに白シャツ、濃紺のシルクタイを合わせました。

森:うん、艶っぽく着ても正統的な色だし、凛々しいですね。女性から見てもおかしな色には見えないでしょ。ネイビーに間違いはないと思います。

Vol.2へ続く

Profile

森岡 弘
スタイリスト/ファッションディレクター
大学を卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社し、男性ファッション誌、メンズクラブ編集部にてファッションエディターとして従事。10年間勤務した同社を退社後、独立。現在は、芸能人、スポーツ選手、政治家、起業家、文化人など著名人のスタイリングを行う一方、広告ビジュアルやカタログ制作のディレクション、スタイリングを手がけるなど幅広く活躍する。

主な活動内容の紹介

雑誌
Pen、Esquire、GQ、BRUTUS、Casa BRUTUS、ENGINE、MEN' NON NO G、NAVI、TITLE、etc
広告
伊勢丹、高島屋、ユナイテッドアローズ、デザインワークス、エストネーション、 六本木ヒルズ、表参道ヒルズ、東京ミッドタウン、DAKS、ピエールカルダン、ヒューゴ ボス、ダンヒル、etc
芸能・音楽・スポーツ
沢村 一樹、竹野内 豊、阿部 寛、中井 貴一、唐沢 寿明、中村 獅童、東山 紀之、加藤 雅也、 谷原 章介、松岡 俊介、 アダム クーパー、中村 正人、徳永 英明、石丸 幹二、東儀 秀樹、 熊川 哲也、宮尾 俊太郎、尾上 菊五郎、尾上 菊之助、上原 浩治、新庄 剛志、etc
イベント(プロデュース&スタイリング)
Audi Meets Loewe、2005年・2007年東京モーターショー(Audi)、梅田阪急、日本橋三越、SEVENSEAS&LUIGI BORRELLI
ウェアデザイン
STARFLYER、Audi、BEACON TOWER Residence